メニュー

IMG_00001514

イギリスを食す。グルメ紀行

皆さん、「イギリスは不味い」というイメージをまだお持ちでしょうか?

よくお客様に、「同僚からイギリスは不味いから、食事は期待しないでね。」と言われてくる方々も多いです。

さて、それは本当なのでしょうか・・・?

確かに一昔はそうでした。私も、正直イギリスに来たばかりは、「なんだ、これは・・・」と、悪い意味で驚かされました。

・・・が、それも今は昔の話、ある時期を境に、突然の変貌を遂げたイギリスの食事情。スーパーマーケットの食材に至るまで、驚異的な変化を遂げました。

イギリスに長く生活をしながら、ひたすら、おいしいものを捜し求めてきた、弊社のスタッフはとてもグルメ。もちろん日本にいた時から、グルメにうるさい連中ばかり。

そんな私たちが、皆様を、おいしいイギリスにご招待いたします!!

聞くより、実践、変化を遂げたイギリスグルメ、是非お試しあれ。

 

イギリスを食す。グルメ紀行 アクティビティ概要

イギリスのニューカマー「モダンブリティッシュ」

IMG_00001513

ヘンストン・ブルーメンタルや、ジェイミー・オリバーなど、イギリス人のカリスマシェフ達の出現により、作り出された創作系料理。 海外のテイストを取り入れ、独自に発展を遂げた、新しいイギリス料理のスタイル。中には、「テンプラ」や「ソバ」などの文字がメニューに現れたりします。しかしながら、それは全く同じものではなく、イギリス人が独自に趣向を凝らしたディッシュとなっており、「まさかこのように作ってくるのか!!」と、思わぬ発想に、驚かされることも。 (写真:菜の花の蕾に、リコッタチーズと松の実をつめたテンプラ)


伝統料理も負けていない!!トラディショナルブリティッシュ。

IMG_00001529

イギリスには素朴な田舎料理など、伝統的な料理も存在します。これら伝統料理も、食事情の変化伴って、大変おいしくなりました。イギリスの素朴さの中に奥深さを感じる味、それは、まさにイギリスの風景を物語っているようです。 (写真:シェパーズパイ 羊飼いの料理。羊のひき肉にスパイス、細かい野菜をいれたシチューの上にマッシュポテトでとじてオーブンした料理)


日曜は、サンデーローストの日

DSC02583

皆さんがよく聞く、ローストビーフなど、ローストした肉をイギリスでは日曜日に食べるのが伝統。 やはり、レストランやパブでは、日曜になるとサンデーランチとして、ロースト料理がメニューに並びます。 ローストビーフには、グルービーソースと西洋ワサビ、ローストポークにはアップルソースを付けて食べるのが一般的。 本場のローストビーフ、是非、ご賞味ください。 (写真:ローストビーフ 付け合せはロースとポテトとヨークシャープディング。白いのは西洋ワサビのソース、蓮華見たいのに入っている物は、野菜のホワイトソース和え)


イギリスのデザート

IMG_00001519

デザートは全般的に冷えているイメージがありますが、イギリスのデザートは、暖かいものが多く、その上に冷たいアイスクリームを乗せたり、又は温かいカスタードクリームや、ホワイトクリームをかけて頂きます。中にはリキュールをかけて頂く物も。 おススメの食べ方は、一つの味で食するのではなく、アイスクリームやソースと一緒に口に運ぶと味にコンビネーションが出て、まろやかになり更においしくいただけます。 (写真:スティッキートッフィープディング。イギリス伝統のスイーツ。暖かいスポンジに冷たいアイスクリームが乗って溶け出しています。)


イギリス発のオーガニック料理

DSC02647

今、イギリスはオーガニック食品が、大変注目されています。 イギリスの太陽と水、土で純粋に育った食材をふんだんに使った料理、是非トライしてみてください。 (写真:オーガニックのヨーグルトと蜂蜜、シリアル。朝食のメニュー)


イギリスにあるご当地グルメ・ブランド食材

IMG_00000736

イギリスにも、ご当地グルメがあります。 世界的なブランドにもなっている、柔らかい赤身がおいし「アンガス牛」、程よく脂が乗った鮮やかな色を持つ「スコティッシュサーモン」、高級魚として、フランスでも重宝される「ドーバーソール」を代表とし、各エリアに特産物がございます。 食材以外にも、有名な「スコットランドのウィスキー」、沢山の地で生産されている「地ビール」、アワードも取っているダークホース的な存在「イギリスワイン」、イギリスでは、いたる所で作られている「イギリスチーズ」はアワードを勝ち取っている物も多数あります。もちろん、スコットランドの「ハギス」や、イギリスの「ご当地スイーツ」も見逃せない!! その土地で頂く、ご当地の食材をふんだんに使った料理は、グルメ人にとっては、見逃すわけには行かない!! (写真:湖水地方のハードウィック種の羊を使ったシチュー。野菜もゴロッと入っています)


レストランの雰囲気も味に色を添えてくれます。

DSC02537

やはり、食事の環境もまた、味のおいしいスパイスになってくれます。いい環境の中で、いい気分になって頂くと料理も一層おいしく頂けるというものですよね!! マナーホテルの気品と重厚な雰囲気の中 カントリーサイドのパブで地元の人々が憩う、素朴ながらゆっくりと時間が流れる雰囲気の中 昼下がりのランチ、花の咲き誇る美しいブリティッシュガーデンの中で・・・ イギリスを感じながら、是非、イギリスグルメをご堪能ください。


ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ!

ツアー一覧へ戻る