メニュー

ハリーポッター

ハリーポッターロケ地ツアー

イギリスを代表する世界的大ヒットしたシリーズ「ハリーポッター」の映画のロケ地を巡る本格的なツアーです。

 

この映画はすべてイギリス人の役者、そして、ロケ地もすべてイギリスで行われ、 イギリスだからこそ出来た、あの独特の世界観を現地で肌で味わってみませんか?

 

ハリーポッターツアーの楽しみ方

ハリーポッターは映画ではCG合成がかなり使われてるので、なかなか解りづらいでしょう。 それには、実際、来る前に映画を何度も見て、復習しましょう。恐らく、一度さらっと見ただけでは解らないと思います。

 

心持としては、宝探し感覚で観光してみると楽しいと思います。魔法の世界を探索する気持ちで望みましょう。 「あ、ここってもしかして!!」と宝物を見つけたような発見した感動は、一般の観光にはない喜びがあるツアーです。

 

ハリーポッターがかなり好きで、研究熱心な方、是非おいでください。  

 

モデルプラン

 
ハリーポッター オックスフォード発着ツアーの例はこちら>>
ハリーポッターツアー 北東イングランド エディンバラ発 2泊3日コースの例はこちら>>
ハリーポッター ロンドン日帰りツアーの例はこちら>>

ハリーポッターロケ地ツアー ツアー概要

イングランド地方(南~南中央部)

オックスフォード

オックスフォード

イギリスを誇る、大学都市、オックスフォード。


独立した自治権を持つ46のカレッジを総称してオックスフォードユニバーシティー(総合大学)と言われます。(ちなみにオックスフォードカレッジという名前の校舎は存在しておりません。)


世界の学会を8世紀にも渡りリードしてきた英語圏最古の大学として風格のある大学校舎が立ち並ぶ「大学の中に街がある」、それがこの街オックスフォードなのです。


クライストチャーチ

ハリーポッター

ダイニングホールが食堂の舞台とされ、食堂に続く階段は実際ロケ地として使われました。


ここは、1542年にヘンリー8世によって作られたカレッジ。不思議の国のアリスでも有名な場所です。


ちなみに、クライストチャーチは、多くの歴代イギリス首相を輩出し、文学でも、あの不思議の国のアリスで有名な、ルイス・キャロルが教鞭を振るった場所としても知られています。


ニューカレッジ

ニューカレッジ

「炎のゴブレッド」で、マルフォイが木に登ってハリーを上からからかった大木と、そこに現れたマッドアイ先生によって、彼が赤い目のフェレットにされた中庭があります。


回廊は「炎のゴブレッド」で、三大魔法学校対抗試合に陰謀によって出場させられたハリーが学校生徒から野次を飛ばされながら歩いた場所です。


1379年に立てられた大変古いカレッジで、古い街の城壁に囲まれたキャンパス内には「マウンド」と呼ばれる丘のあるチューダー朝の庭園や、聖母マリアの荘厳な礼拝堂、オックスフォード大学随一の広さを誇る食堂があります。


ボウドリアン図書館

ボウドリアン

イギリスでは、大英図書館に次ぐ規模を持つ、伝統を誇る図書館です。


入り口から入って大きな扉の向こうのグランドフロアー:ディビニティースクールは、医務室や「炎のゴブレッド」でハリーがダンスの練習をした場所、上階のハンフリー公図書館は、ホグワーツ図書館として使われました。


レイコック

DSC02515

ナショナルトラストに管理された中世期の南コッツウォルズを代表する美しい村です。


ここは、おススメのティールームとパブレストラン、可愛い雑貨屋もあり、是非ゆっくりしたい所。


他の映画「高慢と偏見」、「ダウントンアビー」、「ロビンシャーウッド」などなど、多くの映画のロケ地としても使われています。


レイコックアビー

レイコックアビー

「賢者の石」、「秘密の部屋」のホグワーツ魔法学校の撮影場です。


スネイプ先生の魔法薬のレッスンが行われた教室、クィレル先生の闇の魔術の防衛術の授業やミゾの鏡がある部屋があります。


レイコックの村

DSC02528

謎のプリンスで、村全体のいたる所で撮影されています。


このこじんまりとした、美しい村にはハリーの生家、スラグホーン先生の家、ハリーの両親のお墓などなどがあります。


映画ではかなり薄暗いイメージがあるので、「謎のプリンス」の世界観を感じるのであれば、ここで、宿泊がおススメ。


グロスター

使えるIMG_00000254

グロスター大聖堂。築650年にもわたって、グロスターの港町を見守ってきた、英国国教会の大聖堂は、ロマネスク様式とゴシック様式が合わさった美しい建築物。


シリーズを通して、ホグワーツ魔法学校の回廊として使われ、トロールが歩いているシーンや、血の文字が書かれていたり、話す貴婦人の絵がある場所。


カテドラルの回廊の荘厳な内装は、一見の価値あり。


イングランド地方(南東部)

セブンシスターズ&ビーチヘッド

セブンシスターズ

海辺にそびえ立つ石灰質の絶壁が絶景として知られるセブンシスターズ。


ある場所から眺めると7人の修道女が座っている所から、そのように言われたとされています。


歩くと広がる一筋の川が流れる、大自然の大パノラマが広がり、片や羊の群れが草を食む、のどかな風景が眺められます。そしてその向こうには、白い絶壁が現れる、そのキャンパスは思わず息を呑むほど。


ちなみに、ここは、ハリーポッター「炎のゴブレッド」でクディッチの世界大会が行われた場所になっています。


イングランド地方(北東部)

ゴースランド

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴースランド駅 ホグワーツ特急の最終駅ホグツミードとして使われたロケ地がここ。


普段は保存鉄道として、蒸気機関車が港町ウィットビー、間を行き来しています。


8月には、ハリーポッターにちなんだ、イベントも執り行われています。


また、この駅があるノースヨークシャームーアは8月中旬~9月上旬にヒースの花が咲き乱れる荒野として、美しい姿を見せます。


ダラム

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダラム大聖堂 「賢者の石」では、中庭でハリーがフクロウを放つシーン、「秘密の部屋」では、ロンがナメクジを吐いたり、マクゴナガル先生の教室で動物をゴブレットに変える魔法の授業や、学校の晩餐のシーン、映画に出てくる有名な塔の群は、CGで加工されて(先端に尖塔がかぶされて)解りずらいですが、これもダラム大聖堂が使われています。


小高い丘から街を望むダラム大聖堂とダラム城は、1986年に世界遺産として登録され、この大聖堂は中世期のノルマン建築様式の最高傑作と謳われました。


アニック城

castle-855202_1920

ここは、ホグワーツの魔法学校の外観、クィディッチ、ハリーとロンが乗った車が木に衝突したシーンや、飛行訓練の行われた校庭として使われました。


ここでは、クィディッチ練習場のロケ地になった場所ということで、箒に乗る練習をするアトラクションなどが催行されています。


ここでは、今も、 ノーザーバーランド公爵家という貴族が住んでおり、かつては、スコットランド人の侵入を防ぐために作られた城ですが、1850年に宮殿として改装され、いまは、イングランドにおいて美しいガーデンを有する、ウィンザー城に次ぐ、2番目に大きい城として、公開されております。


ちなみに、ここは、イギリスの人気シリーズ「ダウントンアビー」のロケ地にもなりました。


マルハムコーブ

Autumn morning over liomestone pavement at Malham Cove looking along Malham Dale in Yorkshire Dales National Park

ヨークシャーデイル国立公園にある、断崖絶壁の上にゴツゴツとした自然の石畳が広がる景勝地。地元の人々の中では観光名所となっております。


僻地にあり、少々行きづらいかもしれませんが、マルハムコーブのある、ヨークシャーデイル国立公園一帯の景色も一見の価値有り。 ここは、「死の秘法」で、ハリーが一度ロンと喧嘩をして別れたあとに、ハリーについてきたハーマヨニーと2人で訪れ、キャンプをした場所。


ここで、ハリーはクディッチで使われたスニッチの中から、3つの「死の秘宝」の一つ「蘇りの石」を見つけ出し、ハーマヨニーが、ダンブルドア先生から授かった本から「死の秘宝」謎を読み解いた場所です。


ウェールズ地方

フレッシュウォーター 

Untitled

ハリーポッターシリーズ「死の秘宝」で、貝殻の家があり、ドビーの墓が建てられた場所です。


ウェールズの南西部、ペンブロークシャーに続く風光明媚な海岸沿いは、そのままの自然が残る景勝地。波乗りが出来る場所として、夏には地元サーファーが集い、海岸沿いを潮風を感じながら、ウォーキングコースもおススメ。


コースト周辺には、可愛い村や、美しい自然の風景、建物などイギリスで最も美しいビーチの一つとされています。 そしてここは、ハリーポッター「死の秘宝」の他に、映画「ロビンフッド」のロケ地としても有名です。


スコットランド地方

エディンバラ

holyrood-park-in-edinburgh-1252922_1920

スコットランドの首都。死火山の上にそびえ立つ、エディンバラ城を望むこの街は世界遺産にもなった美しい観光地。


ハリーポッターは、ここで、作者JKローリングさんによって書き上げられました。いわゆる、「ハリーポッターの世界」の故郷というべき場所でしょう。


フォートウィリアム

ben-nevis-mountain-640589_1920

ネビス山とスティールの滝 イギリスで最も標高の高いベン・ネビス(ネビス山)。


「アズガバンの囚人」のクィディッチの背景に、この山に流れるスティールの滝は「炎のゴブレッド」で、三大魔法学校対抗試合の第一の課題の背景として使われました。


グレンコー

glen-coe-1234613_1920

スコットランドで最も美しい渓谷といわれた1000m級の山々(日本ではそんなに高さではないですが・・・)が連なる、このエリアには、昔「グレンコーの大虐殺」と言われる悲しい歴史を秘めた場所。


「アズカバンの囚人」ではハグリッドの小屋のロケ地、「炎のゴブレット」でもグレンコーの山々が背景として使われました。


グレンフィナン高架橋とシエル湖

scotland-737638_1920

スコットランドにあるウェストハイランド保存鉄道を列車ではいると世界最古のコンクリート製高架橋 、それがグレンフィナン高架橋です。


ここは、ハリーポッターに登場したため「ハリーポッターブリッジ」と呼ばれるようになりました。当然ハリーポッターにこだわるなら5月から10月に運行する蒸気機関車:ジャコバイト号に乗りましょう。


ちなみに、ここから見える湖、ロッホ・シエルは、ハリーがヘドウィグと高台からホグワーツ城と湖を眺めているシーンが撮影されました。


ロンドン

train-station-724090_1920

ロンドンにも、多数、ロケ地がございます。ご希望の場合は、弊社で、ロンドンガイドもご紹介いたします。


コラボ情報!!ロンドンハリーポッターツアーとセットでお得割引!!

ロンドンとイギリス各地域のハリポタのロケ地を完全制覇! ロンドン現地のガイドをしておられます、「アートローグ」とのコラボレーションで、ロンドンのハリポタ・ロケ地にもご案内できるようになりました。


キングスクロスの「ホール9と4分の3」や、「ダイアゴン横丁」などなど、ロンドンのロケ地を詳しい解説と一緒に回ることが出来ます!!


こちらも、現地の日本人ガイドだから安心。 「アートローグ」と「どこでもツアーズ」のツアーを組み合わせると、 「アートローグ」のガイド料金が10%OFFに!


 


「アートローグ」のHPはこちらから:


アートローグ:ハリーポッターとマジカル・ロンドン・ツアー


 


「アートローグ」&「どこでもツアーズ」のモデルプラン


☆プランA 


午前: ロンドンロケ地 (アートローグ) + 午後:レイコック寺院 (どこでもツアーズ)


 


☆プランB 


1日目:オックスフォードツアー(アートローグ)+ オックスフォード泊 


2日目 レイコック寺院+グロスター大聖堂 (どこでもツアーズ)


※オックスフォードの宿のご推薦や宿泊のお手伝いも可能です。


 


☆プランC 


1日目:エディンバラ発+アニック城+ダラム大聖堂(どこでもツアーズ)


2日目:ノースヨークシャームーア・ゴースランド+ヨーク(どこでもツアーズ)


3日目:マルハムコーブ(どこでもツアーズ)+ヨーク駅からロンドンへ


4日目:キングクロス発 ロンドンハリポタツアー(アートローグ)


※各エリアの宿のご推薦や宿泊のお手伝いも可能です。


このツアーを体験したお客様の声

uservoice2_img3

R.S様

2015年9月、オックスフォードツアー、グラストンベリーツアーと、2日間にわたって姉妹で棟方さんにお世話になりました。 プライベートツアーならではの細やかなご配慮と現地の見応えに、すっかりイギリスに魅了された旅になりました* おすすめしてもらった美味しいスコーンもたーくさん食べれて、とってもいい思い出です。 旅行後にイギリスを思い出す時、一番最初に思い浮かぶのが、棟方さんにおすすめいただいて向かったエイヴベリーのストーンサークルです。 夕暮れの中ストーンに囲まれた草原を歩くことができ、言葉にできないパワーをもらった気がします。 なかなかぱっと行ける場所ではないので、今振り返ると本当に貴重な時間でした。 またゆっくりグラストンベリー修道院も再訪したいなぁ。 おすすめのショップで購入したパワーストーンも、本当に巡り合いを感じるものでした* 思い出しても棟方さんにツアーへ連れて行っていただいたのは本当にご縁だったのだなぁと感じます。 特にグラストンベリーは突然の日程追加となりましたが笑 お願いしてよかったです!一緒じゃなければ、エイヴベリーにも行けませんでしたし、この出会いに感謝です。 何より長距離を一度の不安もなく安全運転で遂行してくださり、その点も最高でした! また次回イギリスを訪れる際も棟方さんのツアーを利用します^^ ありがとうございました。

詳しく見る

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ!

人気ツアー ツアー一覧へ戻る