メニュー

img_00002201

イギリス・聖地巡礼とパワースポットツアー

グラストンベリーや、アイオナ島など、パワースポットとして多くの遺跡や聖地を各地に残す島国、イギリス。かつて、イギリスはケルト文化の地であり、ケルト信仰の司祭:ドルイドは、大自然の中で、多くのスピリチュアルの声を聞き、人々を導いたとされています。

日本神道のように、万物を八百万神と崇めたように、ケルト信仰では、大自然のありとあらゆる物を、スピリチュアル・神として崇められていました。後に来たキリスト教と、場所によっては対立、他方では共存しながら、多くの謎を残したまま今も残る宗教施設や祭壇の遺跡達、紀元前からの時を超えて、いまだ放たれる力と、太古からのメッセージ。もちろん、キリスト教の教会や大聖堂にも多くの人々が祈りを捧げてきた声が聞こえてくるのではないでしょうか?

多くの幻想生物(実在するのでは?)やファンタジーを生み出したこの国、イギリス。スピリチュアルの分野でも世界的に進んでいるイギリス。その源流がどこにあるのか、一緒に探してみませんか?私達の知らないような世界を垣間見れるかもしれません。    

モデルプラン

グラストンベリー じっくりと専用車でいく完全プライベートツアーの例はこちら>>
パワースポット トライアングルツアーの例はこちら>>
セイントマイケルズラインツアー5泊6日の例はこちら>>

イギリス・聖地巡礼とパワースポットツアー ツアー概要

セイントマイケルズライン

イギリス南西部「コンウォール」から、イングランド東部「イーストアングリア」まで、各パワースポットを結び、直線に伸びる、最も有名なレイラインの一つと言われています。このレイラインは、大天使ミカエルに関係する遺跡や教会が直線的に並んでおり、それらの場所には、太古のケルトの時代にも重要な遺跡があった場所とされています。超自然的な力が働くスピリチュアルな場所であって、謎に満ちた遺跡達は、考古学分野においても、大変興味深いのではないでしょうか?


セイントマイケルズマウント

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イギリス版モンサンミッシェルと言われ、フランスのモンサンミッシェル同様、干潮時には道が現れ、満潮時には海となり道が閉ざされてしまいます。満潮時には、ボートを使用して入れます。 この島には、大天使ミカエル光臨の地、ジャック少年と巨人などの数々の伝説を残し、そして、アーサー王伝説にも登場する。太古の昔、ケルト文化の神聖の地ともされていました。


ボドミンムーア

ボトミンムーア

広い荒涼とした台地に現れる謎のストーンサークル、水の浸食によって出来た、チーズリンクなる奇岩石群。 かつて、ケルト人にとって、重要な場所とされて来ました。安息日に、パイプを拭いたりボール遊びをする人々が、聖人に石に変えられた、巨人との輪投げ勝負の伝説も残っています。


ローチロック

ローチロック

地殻変動により、現れた岩山に、取り込まれているように存在する礼拝堂があり、ここもアーサー王伝説の一説に登場する。奇妙な見た目のこの礼拝堂ににどのような力をあなたは感じるでしょうか?


ブレントー 及び ダートムーア国立公園

The church of St. Michael de Rupe, Brentor, Dartmoor

死火山の上にセイントマイケル教会がそびえ立つ。中世期に遭難しそうになった商人が資財を投じ、建設されたとされ、昔は灯台の役目もあったとのことです。建築中、火山の頂上に住む、赤い悪魔が妨害をしていたところ、大天使ミカエルが降り立ち退治したという伝説があります。


そして、このブレントーは、イギリス南西部デヴォンシャーに広がるダートムーア国立公園に有り、この国立公園はイギリス随一のワイルドな景色が広がる大自然の景勝地。


このワイルドな大地は、多くのストーンサークルや、奇岩が点在し、そこは正に、パワースポットならぬ、巨大なパワーフィールドとしても知られ、中には4000年前の遺跡も存在します。


 


バローマンプ

iStock_000050976446_Medium

高さ24メートルの自然の丘に聖ミカエル教会が立つ。今は、廃墟になっているこの礼拝堂から、天候がいい日は、グラストンベリートーが見えます。聖地、グラストンベリーには、ゾディアック横道12宮に象徴されるエリアがあり、その西側に、それを守護する犬が居るとされていますが、その犬の鼻の部分がこの場所とされています。


グラストンベリー

IMG_00001042

イギリス最大の聖地とされ、セイントミカエルライン、聖マリアライン、その他、22ものレイラインが交差する場所であり、多くの相反する属性が融合する大変バランスの取れたパワースポットとされています。ケルト信仰においての神聖の地、そして、イギリスにおけるキリスト教発祥の地とされており、アーサー王伝説におけるアヴァロン島とされているグラストンベリートー、聖杯が沈められているといわれるチャリスウェル、アーサー王とその妻の眠る墓があるとされるグラストンベリー修道院等々、多くの伝承が残された遺跡が残されており、街は、スピリチュアル系の店が立ち並ぶ。ここに来たら一日は是非見たいところ。


エイブベリー

エイブベリー

ストーンヘンジと共に世界遺産とされ、平野に突如現れる、数多くの巨石郡。 その規模はストーンヘンジ以上と言われ、巨大なドルイド(ケルト信仰における司祭)の宗教施設であったとされています。大きなストーンサークルの内側に2つの小さなストーンサークルがあり、それらサークルの北と西に伸びるアベニューと言われる場所に巨石が立ち並んでおり、その先にもサークルが存在、上から見ると全体が大きな蛇のようになっています。 この広いエリアには他に人工の丘:シルベリーヒルや、古代人のお墓:ロングバローなど謎の遺跡が存在します。ここ一帯には、神秘的な空気が漂っているように思えませんか?


ロイストンケイブ

IMG_00002116

歴史は1350年に作られたとされ、ここは、フリーメイソンの施設、テンプル騎士団の集会所、はたまた刑務所だったとか・・・。 なぜ作られたのか、目的が解明されていない謎の遺跡。洞窟内にある壁画にはかつて聖職者たちが辿った受難の経歴を綴った物語が読み取れます。ここもまた、セイントマイケルラインと、聖母マリアラインが交差するパワースポットとされています。 (室内は、ウェブサイトでの写真掲載が禁じられているため、表玄関の写真を掲載。詳しい内部は、http://www.roystoncave.co.uk をご参照ください。)


ベリー・セント・エドマンズ

今は、廃墟と化したこの修道院は、かつては高位聖職者や大地主が集まり、マグナカルタに結びつけた英国歴史史上で、大きな役割を果たした場所。広い芝生と、ブリティッシュガーデンがあり、大聖堂や、修道院の跡地は、古代宗教の名残を残す巡礼の場所となっています。


ホプトン

大天使ミカエルが、悪の象徴とされるドラゴンを退治して光を示す=セイントミカエルライン。イギリスにて、その光の道にある東の始発・終着点にある、旧聖マーガレット教会。そこに奉られていた聖マーガレットも、悪魔が変化したドラゴンに飲み込まれながらも、信仰の力で撃退した伝説がある聖人。大天使ミカエルと聖人マーガレット、どちらもドラゴンを退治したというこの共通点があり、これも何か意図したものではないかと考えられるのではないでしょうか?


セイントマイケルズラインの周辺

コンウォールの謎の巨石、ストーンサークル、遺跡

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セントマイケルズマウント、ランズエンド周辺には、いろいろな、巨石や石のサークル等、謎に満ちたパワースポットが存在します。これら、遺跡から古代の声や意識や波動を、あなたはどのように感じられるでしょうか?


ティンタンジェル城

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

切り立った断崖の上にかつての城壁や居住跡が残っており、アーサー王伝説に絡んで、人気の観光地となっています。アーサー王生誕の地とされ、城郭跡の下に臨む、美しい海岸には、アーサー王を生涯支え続けてきた魔法使い、マーリンの洞窟があります。


ボスキャッスル 魔女博物館

魔女博物館

ナショナルトラストのエリアの美しい街、ボスキャッスルにある、魔女の博物館。今、魔女の活動が盛んなイギリス。ここでは、魔女の儀式や道具が多数展示されております。本当の魔女の姿はどのようなものだったのでしょうか?


世界遺産 バース

IMG_00000658

世界遺産として名高い観光都市、バース。今は、大勢の人々が住み、大勢の観光客が訪れ、いろいろな店が立ち並ぶ賑やかな街となったここは、大昔、温泉が湧き出る場所として、ケルト信仰における神聖な場所とされていたと言われております。


サットンフー

サットンフー

イギリスにおいてストーンヘンジに並ぶ、最も代表的な遺跡です。 イーストアングリア地方に出土された船葬墓、アングロサクソン時代の物とされています。 有名なのは、イーストアングリアの王、レッドウォールドの物とされる冑。 その他、多数の遺物が出土され、この辺りには多数の古墳、38人漕ぎの船が埋葬されていました。 イギリス中世初期を知る上で考古学的にとても貴重な遺跡であり、ナショナルトラストによって管理されています。


南イングランド

南イングランドにある、謎のモニュメント。実際、南イングランドは、過去にUFOの目撃例や、ミステリーサークルが多数出現するなど、この事象と何か関係あるのか・・・?実際に、パワースポットは、宇宙との交信の場ともされています。


ストーンヘンジ

IMG_00000877

世界遺産、イギリスで最も有名な巨石遺跡。太陽の祭祀場、太古の墓石、ドルイドの礼拝に使われたなどなど、いまだ諸説があがり、解明されていない謎に満ちた遺跡。この私たちによく知られていたストーンサークルは紀元前2500年から2000年までの建設物とされていますが、最近になって、ストーンヘンジに繋がっていると考えられる「スーパーヘンジ」と言われる4500年以上前の巨石郡が見つかり、歴史的な大発見が話題を呼んでいます。今後、まだまだ、目が話せないパワースポットになりそうですね。 ちなみに、事前予約で開園時間外にストーンサークルの内部に入ることができるプログラムがあります。ご興味のある方は、こちらも是非お問い合わせを。


アフィングトン ホワイトホースヒル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オックスフォード近郊の小高い丘に石灰で描かれた、白馬の絵。紀元前1500年に作られたものとして、学術的には解明されていない謎。 かつてこの場所は、イギリスの守護聖人とされている「聖・ジョージ」が悪竜を退治した場所。白馬が描かれている場所から、眼下には、「ドラゴン・ヒル」と呼ばれる丘があります。白馬は「聖ジョージ」の化身とされ、その様は、まるでドラゴンを眼下に見下ろす「聖ジョージ」のようです。 南イングランドには、白馬の絵が描かれている丘が多数あります。ほとんどは、近代に描かれた地上絵ですが、白馬は日本でも神の使いとして崇められる存在である様に、イギリスでも特別な存在なのです。その思いも又、パワースポットになるのではないでしょうか?


北イングランド

北イングランドには、聖人の伝説が残されております。キリスト教の聖人たちは、ヴァイキングなどの襲撃を受けながらも、たくましく布教を続け、各地を彷徨いながらも聖地にたどり着きます。その時は既に故人となっていた聖人は、何を思ってこの地に辿き、この地を選んだのか? その聖地はやがて、国王と同等の大きな権力を持つようになります。 彼らが辿ったこれらの場所にも、聖人の意識が生きて、パワースポットになっているのかもしれませんね。


ホーリー島(リンデスファーン修道院)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

潮が満ちると海になり、潮が引くと道が現れる向こうにある島は、北イングランドのキリスト教布教の発信の地になった場所があります。そこには、635年頃に、アイオナ島より訪れた聖エイダンにより建設されたケルト教会:リンデスファーン修道院が立てられ、北イングランドのキリスト教化の拠点となりましたが、度重なるヴァイキングの襲撃を受け、廃墟となり今も残っていますが、今はイングリッシュヘリテージの庇護のもと、大切に保管されております。 ちなみに、ここの名産は、蜂蜜酒。修道僧より脈々と受け継がれ、彼らが去った後も製造されている、長い歴史の味、是非お試しあれ。


ダラム

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リンデスファーン修道院がヴァイキングの襲撃を受け、修道僧たちが聖カスバートの聖遺物を運び出し、さまよい続けて最後にたどり着いた場所。ここにたどり着いたとき、聖カスバートの引継ぎが急激に重くなり、ここから動かなくなった・・・。それ以降ここは、聖なる地として、北イングランドにおけるキリスト教の拠点となりました。そしてこのダラムは、巨大な権力を有するようになり、イングランド国王同等の権限を与えられ、軍隊を有するほどになります。ゆえに代々の司祭は「プリンス・ビショップ」と呼ばれるようになりました。 大聖堂は世界遺産に登録され、ノルマン建築の最高傑作と謡われた芸術的な建築物として知られています。


ウェールズ

赤いドラゴンを国旗に掲げているウェールズ。「ブルタニア列王史」において、若かれし頃のマーリンが告げた赤いドラゴンは、当時のブリテン人の象徴的存在とされています。 アーサー王伝説の元となったとされている、吟遊詩人の口語で作られたケルト神話の一つ「マビノギオン」の舞台、ウェールズ。このウェールズにもアーサー王伝説や巨人伝説も残っています。 ウェールズも又、ケルトの息吹が色濃く残る地、古代からのパワースポットは存在するのです。


アングルジー島

anglgy

古代ケルトには、ドルイドのトレーニングをする場所があり、女性は「グランストンベリー」、男性はこの「アングルジー島」だったとされています。


ドルイドたちによって長く統治されていたこの島は、古代ローマ人の侵攻によって、多くの神殿や聖地が破壊され、その後はヴァイキングやノルマン人、エドワード一世により支配を受けることになります。


現在、良質な砂浜を持つこの地は、ホリデーリゾートのようになっておりますが、ドルイド時代の遺跡も残っており、ここもスピリチュアルの方々が訪れる場所となっています。


女性性を持つ「グラストンベリー」に対して、男性性をもつ「アングルジー島」、また違った種のパワースポットと言えるのかもしれません。


また、ここは、ウェールズ版聖バレンタインの聖ドゥインウェンが永眠する場所として、恋人たちに人気の島です。恋の成就または、恋人同士の仲の発展のため、ここで内面の浄化をしてみるのも良いかの知れませんね。


カデル・イドリス山

Cadair Idris

ウェールズのパワースポットとして、スピリチュアルの人々が訪れる場所。


「イドリスの椅子」を意味し、伝説の巨人イドリスがこの山に座り、自らの領地を見下ろしていたとされています。現在でも、彼の座ったといわれる岩に刻まれた椅子の上で, 一夜を過ごした者には、死か狂気、さもなくば詩的発想が与えられると信じられています。


大自然、そして山には大きな力が宿るといいます。この「カデル・イドリス山」も大自然豊かな大きな山。そして、ここにあるハート型の湖。ハートは「聖杯」の象徴。水もケルトでは特別な意味を持つ存在。水の蓄えられたハート型の湖。考えるだけで、何かあると確信しまいそうですね。


注:ここに来られる場合は、ある程度のしっかりした山岳用の装備をおススメします。かなりのロングウォークになります。(約5時間)


セイント デイヴィッズ

St Davids Cathedral in Pembrokeshire - Wales, United Kingdom

「聖デイヴィッド」は、6世紀頃にウェールズ各地で多くの人々を癒してまわり、ウェールズの守護聖人となった。


そして、この地は「聖デイヴィッド」が終焉を迎えた場所として、中世から現在まで、巡礼の地として多くの人々が訪れております。


イギリスで最も小さく人口の少ない都市とされ、その通り、村と言ってもいいほどこじんまりとした街。ペンブロークシャー国立公園の美しい海岸線と、多くの巡礼者を迎えた聖堂、そして聖地がある、清清しい空気が流れる場所。


ここには、「聖デイヴィッド」の思い、それに魅かれて訪れた多くの巡礼者の思いが残っているのではないでしょうか?


スコットランド

アイルランドから渡ってきた聖人が、ケルト信仰と共存しながら、キリスト教の布教に生涯をささげた場所があります。その思いは、スコットランドに広まり、後には北イングランドの地まで広まっていきました。 ケルト信仰と共存して広まったケルト・キリスト教は、ヴァイキングの襲撃による荒廃が原因でベネディクト会に取って代わられ、一度は歴史上から姿は消します。しかしながら、今現在、自然を愛し、教義性にこだわらない、そして他宗教への寛容と友好性をもつケルト教会への回帰運動が、アイオナの聖地を中心に始まり、活動しております。 そして、レイラインの一つ、「マリアライン」の名を冠する、大変興味深い教会があります。他に類を見ない内観は、何を物語っているのですようか?謎に満ちたこの教会は、正にあの大ヒット映画のロケ地に、なるにふさわしいスポットです。


ロスリン礼拝堂

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

映画「ダビンチ・コード」のラストシーンで使われ、有名に。 15世紀、テンプル騎士団の貴族であったウィリアム セント クレアにより作られ、石工職人たちが作り上げた他に類を見ない奇妙かつ芸術的な内観は、まさに一見の価値有り。ケルトやキリスト教、テンプル騎士団にまつわるものも多く、天井や柱は奇怪ながら、思わず見入ってしまうような芸術性が有り。 ちなみに「ロスリン」の語源は「ローズライン」。バラの象徴たる聖母マリアとマグダラのマリア、二人のマリアのレイラインのこと。 男性の象徴セイントミカエルラインと並んで、女性の象徴として重要な意味を持つマリアライン。この場所に、「ダビンチコード」の世界のように、重要な謎の鍵が残されているのでしょうか?


アイオナ島

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

536年に聖コルンバが、12人の修道僧と共に修道院を設立し、スコットランドや北イングランドのキリスト教布教の拠点とし、故郷を離れ異郷の地でキリスト教の布教に一生をささげる「白の殉教者」として活動しました。その名声はヨーロッパにも広がり、以降、このアイオナの地は、現在まで千何百年の時を神聖な巡礼地として多くの巡礼者や環境客を迎え入れてきました。 歴史の中でヴァイキングの襲撃や、ヘンリー8世の修道院の解散法で、廃墟になりながらも、20世紀、修道院はケルト・キリスト教の信仰復興活動に努めるアイオナ・コミニティーにより、修復され綺麗な姿になっております。 ここには修道院のほかに女子修道院の廃墟、修道院博物館もあります。 アイオナの美しい静かな自然の中にいると、来るだけで、心が綺麗に現れる感じがするのではないでしょうか?この、穏やかで美しいパワースポットには、聖コルンバの思いが生きているのでしょうか?


聖地に入る前と、巡礼が終わった後は、敬意と感謝をこめて・・・

聖地に入る前に・・・古代から多くの人々が祈りをこめた聖地。その人々の思いに敬意を込めて「迎えていただき、ありがとうございます」「入ります、失礼いたします」の気持ちを持って入りましょう。 そして、巡礼が終わった後に・・・「迎え入れていただき、ありがとうございました。」と感謝の意を忘れずに・・・。


このツアーを体験したお客様の声

uservoice2_img3

R.S様

2015年9月、オックスフォードツアー、グラストンベリーツアーと、2日間にわたって姉妹で棟方さんにお世話になりました。 プライベートツアーならではの細やかなご配慮と現地の見応えに、すっかりイギリスに魅了された旅になりました* おすすめしてもらった美味しいスコーンもたーくさん食べれて、とってもいい思い出です。 旅行後にイギリスを思い出す時、一番最初に思い浮かぶのが、棟方さんにおすすめいただいて向かったエイヴベリーのストーンサークルです。 夕暮れの中ストーンに囲まれた草原を歩くことができ、言葉にできないパワーをもらった気がします。 なかなかぱっと行ける場所ではないので、今振り返ると本当に貴重な時間でした。 またゆっくりグラストンベリー修道院も再訪したいなぁ。 おすすめのショップで購入したパワーストーンも、本当に巡り合いを感じるものでした* 思い出しても棟方さんにツアーへ連れて行っていただいたのは本当にご縁だったのだなぁと感じます。 特にグラストンベリーは突然の日程追加となりましたが笑 お願いしてよかったです!一緒じゃなければ、エイヴベリーにも行けませんでしたし、この出会いに感謝です。 何より長距離を一度の不安もなく安全運転で遂行してくださり、その点も最高でした! また次回イギリスを訪れる際も棟方さんのツアーを利用します^^ ありがとうございました。

詳しく見る

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ!

人気ツアー ツアー一覧へ戻る