メニュー

ウェールズ ツアー一覧

  • イギリスの栄華を支えたもう一つの姿。産業を物語る世界遺産「ブレナヴォン」

    1788年に始まり、かつては製鉄業で栄えたこのエリアは、産業革命時のイギリスを支え、その産業遺産として、ユネスコの世界遺産にも...

    詳細を見る

  • ウェールズの守護聖人の名を持つ巡礼の地「セイント・デイヴィズ」

    「聖デイヴィッド」は、6世紀頃にウェールズ各地で多くの人々を癒してまわり、ウェールズの守護聖人となった。 そして、この地は「...

    詳細を見る

  • なだらかな山々が織り成す牧歌的な景勝地  「ブレコン・ビーコンズ国立公園」

    ウェールズにある3つの国立公園の一つ。ウェールズ南部にまたがる、なだらかな山々と湖、谷間に風光明媚な村々が美しく、羊が草を食む姿...

    詳細を見る

  • 古書の聖地「ヘイ・オン・ワイ」

    ワイ川に抱かれた、人口1500人の小さなこの街は、古書店が立ち並ぶ世界的に有名な古書の聖地。 交通の不便なこの田舎町に、自称「...

    詳細を見る

  • 堅牢な岩山の上から一帯を見下ろす、世界遺産「ハーレフ城」

    スノードニア国立公園の中に、堅牢な岩山の上に立つ城。1283年にイングランド王エドワード1世がウェールズ遠征の拠点として建設した「ア...

    詳細を見る

  • 均整の取れた美しい形の城 世界遺産「ボーリマス城」

    アングルジー島の港湾都市に、エドワード1世がウェールズの支配を堅固なものにするため、1295年に最後の築城を開始しました。メナイ海峡...

    詳細を見る

  • エドワード一世の建造したウェールズ最強の城を望む街。世界遺産「カナーヴォン」

    「グウィネズのエドワード1世の城郭と市壁」の城郭の一つとして世界遺産に登録された城。この城はチャールズ皇太子が戴冠式を行った場所...

    詳細を見る

  • 典型的な中世の姿を見せる城壁に囲まれた世界遺産の街「コンウィ」

    エドワード一世がウェールズに遠征した際に拠点として築いたコンウィ城。コンウィ川と高い山に挟まれた自然の理を利用したような堅固な...

    詳細を見る

  • ウィリアム王子、キャサリン妃の住むリゾート地「アングルジー島」

    ロイアルファミリーで人気の高い、ウィリアム王子とキャサリン妃が結婚後、最初の住まいとした場所、ここは、良質な砂場を持つホリデー...

    詳細を見る

  • ありのままの美しい自然が残る美しい海岸「ペンブロークシャーコースト国立公園」

    ウェールズの南西部、ペンブロークシャーに続く風光明媚な海岸沿いは、そのままの自然が残る景勝地。波乗りが出来る場所として、夏には...

    詳細を見る